ホーム > エステ用語索引 > た行のエステ用語一覧 > とうか【糖化】

とうか

【糖化】

「糖化」とは、私たちの体内にある大切なたんぱく質と、食事によって摂取した「糖」とが結びつくことで、糖化したたんぱく質が生成され、体内に蓄積してしまうことです。

糖化とは

糖化するってどういうこと?

体内に取り込まれた糖は、エネルギー源として代謝されますが、代謝されずに余ってしまうとタンパク質に結合する性質を持っています。この糖化が進むと老化物質AGEsが生まれます。いったんできたAGEsは分解されず、AGEsの蓄積が進むほど老化も進むことが明らかにされ、老化物質とも呼ばれています。

糖化の症状

肌老化を加速させる糖化

肌老化に関しては、UVケアに代表されるような「抗酸化ケア」や、乾燥から肌を守るための「保湿ケア」も大切ですが、糖化についてもケアが必要なのです。肌が糖化すると、コラーゲン線維の弾力が低下して肌のハリがなくなり、たるみが起こります。すると、シワになりやすくなり、さらに、肌色のくすみも生じます。肌だけではありません。髪もたんぱく質でできているため、糖化によってコシやツヤがなくなっていくのです。その他にも、骨、爪、関節、血管など、あらゆるところに影響を及ぼします。

糖化の原因

あなたは大丈夫ですか?

糖化の原因にはさまざまな生活習慣が関わっています。代表的なものを挙げてみました。

  • 糖分の摂り過ぎ
  • 炭水化物の摂り過ぎ
  • 肥満
  • 運動不足
  • ストレスや疲れ

抗糖化

糖化させないためにできることは?

人が生きている限り、糖化を完全になくすことはできませんが、できるだけ減らすことはできます。糖化を防ぐためには、血糖値を急上昇させないことが大切です。下記のことに注意してみましょう。

血糖を上げにくい野菜・海草を先に食べ、肉・豆類、そしてご飯の順に食べすすめる。

食物繊維が高血糖を抑制してくれます。食物繊維の多い野菜や海藻から食べると、繊維質がゼリー状になって胃壁にくっつき、次に入ってきたものを絡めるので、小腸への移動を遅くできるのです。また、食物繊維は小腸での栄養素の吸収自体も穏やかにするので、血糖が上がった時に分泌されるインスリン量も抑えられます。

なるべく高GI値の食品を避けて糖質をコントロール

GI値は必ずしもカロリーと比例しません。糖化のリスクを調べるには、食品のGI値を利用するとよいでしょう。同じエネルギーでもGI値を比較して、GI値の低い方を選ぶことが糖化を防ぐポイントです。低GI値の食品を中心に各食品群からバランスよく食べる工夫をしましょう。

抗糖化作用のある食品を積極的に摂ってAGEsを減少させる

糖化抑制の効果を持つとして、ローマンカモミールティーが有名です。他にも、ドクダミ・柿の葉・甜茶、グァバ・ブドウ葉などにも抗糖化作用が認められています。また、お酢やレモンなどの柑橘類には糖質の吸収を抑えてGI値を下げる働きがあるといわれています。

バランスのいい食事、睡眠、運動に心がける

朝食をきちんととらないと、昼食・夕食での血糖値が上がってしまうので、3食きちんとバランスよくとるようにしましょう。また、とった糖をしっかり代謝させるためには質の良い睡眠をとり、適度な運動を心がけましょう。

関連キーワード