ホーム > エステ用語索引 > た行のエステ用語一覧 > たんぱくしつ【タンパク質】

たんぱくしつ

【タンパク質】

タンパク質とは、約20種類存在するL-アミノ酸が鎖状に多数連結してできた高分子化合物であり、生物の身体を作ったり、様々な化学反応を助けたりしている物質です。実に多くの種類があり、また同じ働きをするタンパク質でも、生物の種類によって微妙に異なります。タンパク質が不足すると体力や免疫力が低下します。その逆に過剰摂取すると、体外に排出されますが、腎臓に負担がかかるため、腎機能障害になる可能性が出てきます。 コラーゲンも、天然保湿因子(NMF)も、ほとんどがアミノ酸からできています。 そのために、これら20種類のアミノ酸のうち、どれか一つでも不足しては美肌を手に入れることはできないのです。 タンパク質は肉・魚・大豆・卵・牛乳などに多く含まれています。1日の摂取基準は、成人男性で60g、成人女性は50gです。

関連キーワード