ホーム > エステ用語索引 > さ行のエステ用語一覧 > ぜんだまきん【善玉菌】

ぜんだまきん

【善玉菌】

善玉菌とは、もともと腸内に住んでいる腸内ビフィズス菌や乳酸菌(ブルガリア菌、ビフィズス菌、サーモフィルス菌)、腸球菌など体に良い働きをしてくれる腸内細菌のことをいいます。

働き

善玉菌の腸内での働きについて

善玉菌の働きには以下のようなものがあります。

  • 悪玉菌の働きを弱める
  • 病気に対する抵抗力、免疫力をアップさせる
  • 食べ物の消化や吸収を助ける
  • ビタミンの合成
  • 腸管運動を促進
  • コレステロール値を下げる
  • 老化を防止する
  • 肌トラブルを解消する
  • 口臭を少なくする

善玉菌は脂質などを50%も分解してくれると言われているので、メタボリックシンドロームや肥満など、太りやすい体質から痩せやすい体質に改善してくれる手助けもしてくれます。

善玉菌を増やす

善玉菌を増やして腸内環境を整えましょう

善玉菌を増やす食べ物は、「乳酸菌を多く含む食べ物」、「オリゴ糖を多く含む食べ物」、「食物繊維を多く含む食べ物」といったものが挙げられます。これらは、もともと腸内に定着している善玉菌の増殖を助けるために、善玉菌が優勢に育つ環境作りに効果的な作用をしたり、善玉菌の餌になったりもします。

乳酸菌を多く含む食べ物

ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌、漬物、キムチなどの発酵食品

オリゴ糖を多く含む食べ物

玉ねぎ、キャベツ、ゴボウ、ジャガイモ、ニンニク、トウモロコシなどの野菜

食物繊維を多く含む食べ物

豆、穀類、野菜、きのこ、海藻など