ホーム > エステ用語索引 > さ行のエステ用語一覧 > しがいせんゆーぶいえーは【紫外線(UV)A波】

しがいせんゆーぶいえーは

【紫外線(UV)A波】

UV-Aは生活紫外線とも呼ばれています。

お買い物やランチに出かけたり、洗濯物を干したり、日々の生活の中で知らず知らずのうちに日やけの原因となるのがUV-Aです。

特徴

放っておけば肌トラブルの原因に…

私たちが普段浴びている紫外線のほとんど、約90%以上はUV-Aです。

波長がUV-Bより長いのが特徴で、気候、雨、くもりなどに関係なく一年中、地表に降り注いでいます。

UV-Aの有害性

紫外線の中では最も害が少ないとも言われています。

有害性が弱いとはいえ浴びた時に活性酸素を発生させる力はUV-Bよりも強いと言われており、さらにUV-Aは真皮まで届き、お肌のハリ、弾力に大切な「コラーゲン・エラスチン線維」を切断させ、しわ、たるみの原因になってしまうので、浴びる量が多くなれば美容に悪影響が出てくるので注意が必要です。

しかし、適量のUV-Aには、細胞の活動を活発にして、その生まれ変わりを促進させる効果もあります。

肌への影響

UV-Aによる肌への影響は、すぐに現れるわけではなく、長期間にわたってUV-A対策をしなければ、後々になって肌表面のトラブルや老化となって現れるのです。

近頃、こどものUVケアという考え方が出てきていますが、子供の頃に浴びたUV-Aが、将来の肌トラブルに繋がるという研究結果からです。

日焼け止めについて

日焼け止めを塗って肌トラブルを回避しよう♪

PAって何?

Protection Grade of UVAの略です。

UV-Aに対する日本独自の防衛指数です。

PAの目安は?

PA+/PA++/PA+++の3段階で効果が表示されていますので、日焼け止めを選ぶ際の参考にしてください。

PA+
短時間の外出(1時間ほど)
PA++
数時間の外出
PA+++
数時間の野外でのスポーツなど

注意点

日焼け止めは紫外線を防いでくれますが、その分、お肌へ刺激となることもあるので、使用する前に、まずは目立たない部位、に塗ってみて、かぶれ、肌荒れなどが起きないか反応を見て、自分に合った日焼け止めを選んでください。