ホーム > エステ用語索引 > さ行のエステ用語一覧 > せいりしゅうき【生理周期】

せいりしゅうき

【生理周期】

月経がはじまった日から、次の月経のはじまる前日までを生理周期といいます。

リズム

自分のリズムを把握しよう

生理のリズムは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンの分泌で生まれます。一般的に生理周期は約4週間(28~30日)を1サイクルとし、生理が始まってから約14日目に「排卵」が起こります。自分の生理のリズムを分かっていれば、心身のケアの方法が見つかったり、何かの予定を決めるときにも役立ちます。

周期

人それぞれ個人差があります

それぞれの周期には下記のような特徴があります。

卵胞期(生理後・1週間)

排卵を前に女性らしさを引き出す卵胞ホルモンの分泌が高まり、最も体調がよくなる時期です。肌にハリやつやが出て血行もよくなり、ニキビなどのトラブルが減ります。副交感神経の働きも活発になり、気分的にも安定し、ダイエットの効果もでやすいと言われています。

黄体期(調整・1週間)

黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが急激に変化するので、精神的に不安定な状態をもたらし、気分が変わりやすい時期です。PMS(月経前症候群)の症状がでてくるのもこの時期です。体は、むくみや便秘,肩こりや腰痛が起こりやすくなり、太りやすくなります。肌は、抵抗力があり、皮脂分泌が高まり、自然な保湿ができて乾燥を防げてくれます。肩こりや腰痛が起こりやすいので、体を動かし、糖分や脂肪分は控えめにしましょう。便秘になりやすい時期でもあるので、野菜や繊維質の多いシリアル等を摂ったり、次の時期に備えてカルシウムを補給しておきましょう。

黄体期(不調・1週間)

黄体ホルモンの影響が強く現れる時期です。体温の上昇やむくみ、便秘、肩こり、頭痛など身体的な不調に悩まされます。また、精神的にもイライラや不安感がつのり、不安定になりがちです。肌は、ニキビ,肌荒れ、シミなどのトラブルが多く、心も体もトラブルだらけの時期です。無理な事はせず、ストレスをためないように心がけましょう。

月経期(生理中・1週間)

黄体ホルモンの分泌がなくなり、体温が下がって身体が冷え血行が悪くなります。肌も敏感になり、トラブルも起こりやすくなります。体は、生理痛、頭痛、胃の痛み、むくみ、貧血、だるさを感じたりして、肌は、ニキビや肌荒れ、乾燥などをしやすくなります。心身ともに沈みがちな時期ですが、生理が終わりに近づくと卵胞ホルモンの分泌が始まり、気分も晴れはじめます。

月経不順

生理周期が大きく変化することをいいます

月経不順は、ホルモンのアンバランス、ストレスや栄養不足、睡眠不足、生活習慣の乱れ、無理なダイエット、血流の悪化、喫煙などが原因で起こることが良くあります。ストレスが強い生活をしていると、生理が止まってしまったり、生理はあっても排卵が行われていないなど不妊の原因になります。月経不順には、以下のようなものがあります。

頻発(ひんぱつ)月経

月経が短い→注意が必要

稀発(きはつ)月経

月経が長い→注意が必要

続発性無月経

3ヶ月以上生理がこない→婦人科の受診をおすすめします

リズムを整える

規則正しい生活を心がけましょう

日常生活において、自分で気をつけられることをまとめてみました。

ストレスを軽減する

ストレスや自分自身へのプレッシャーなどは、脳から卵巣に影響します。自分なりのストレス解消方などをうまく取り入れて、ストレスをためない生活を目指しましょう。

食生活を見直す

生活が乱れると女性ホルモンに影響も起こりやすくなるので、規則正しい食生活を心がけましょう。特に、女性ホルモンの生成に役立ち、血流を良くするビタミンEを多く含む大豆、モロヘイヤ、うなぎ、たらこ、玄米、落花生などを積極的にとることをおすすめします。

体を冷やさない

夏場の冷房に気をつけたり、体を冷やさないようにひざ掛けなど温めグッズを用いたり、飲み物は温かいものにするなど、体を冷やし過ぎないように気をつけましょう。