ホーム > エステ用語索引 > さ行のエステ用語一覧 > さぷりめんと【サプリメント】

さぷりめんと

【サプリメント】

サプリメントとは、栄養補助食品をさします。正式名称は「ダイエタリー・サプリメント」(食事を補う)です。一般にはタブレットやカプセルに特定の成分を濃縮して詰めたものをいいます。正確な規定はありませんが、「バランスのとれた食生活が困難な場合などに、ビタミン、ミネラルなど不足しがちな栄養成分を補給したり、健康を維持するために用いられる食品」とされています。

種類

大きく3つに分けられています

法的に大きく分類すると3つに分かれます。それぞれの特徴をご紹介します。

特定保健用食品

特定の保険用途について表示することが可能な食品です。例えば、「お腹の調子を整える食品」などと表示がされている食品のことです。

栄養機能食品

「12種類のビタミン」と「5種類のミネラル」の内1つでも、一定量(少なすぎても、多すぎてもダメです)含まれている食品は栄養機能食品と分類され、その栄養素の機能を表示する事が出来ます。例えば、「ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。」のような表示がされています。

一般食品

「特定保健用食品」・「栄養機能食品」以外の、効果や効能が表示されていないサプリメントは、すべてこのカテゴリーに入るといえます。

サプリメントの使い方

あくまでも補助的に使いましょう

サプリメントの正式名称は、「ダイエタリー・サプリメント」(食事を補う)です。つまり、普段の食事に足りない栄養素を補給する目的として生まれたものです。1日3食バランスの良い食事がとれていれば、サプリメントを摂取する必要はありません。しかし、最近は多忙な人が増え、大切な食事をファーストフードなどで済ませてしまう人が増えているのが現状です。ファーストフードだけではビタミンやミネラルが不足してしまいます。このような偏った食事をフォローするのがサプリメントなのです。

選び方

自分に合ったサプリメントを見つけましょう

サプリメントはあくまでも食事で足りない栄養素を補給することを目的としたアイテムです。サプリメントだけで必要な栄養素を摂ろうするのは避けましょう。忙しくて食事に気を配れない人は、まず、自分に足りない栄養素が何なのかを知ることです。普段の食生活を考え、補うべき栄養素をきちんと理解し、サプリメント選びに役立てましょう。また、サプリメントの効果を得るためには、最低でも3ヶ月以上摂り続けることが大切だといわれています。根気よく続けることで、体を少しずつ改善することができるでしょう。