ホーム > エステ用語索引 > さ行のエステ用語一覧 > じょせいほるもん【女性ホルモン】

じょせいほるもん

【女性ホルモン】

女性ホルモンには、女性の卵巣から分泌される卵巣ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

卵巣ホルモン(エストロゲン)

女性らしさを示すホルモン

特徴

このホルモンが出ていることによって月経と妊娠があり、肌もつややかで髪の毛も多く、張りのある乳房になるなどの作用があります。また、体を女性らしくするだけではなく、血管や骨も強くし脳や自律神経の働きを促進させるなど健康維持にも効果を発揮します。女性特有の不快な症状を解消したり、軽減したりする効果もあります。

注意点

エストロゲンには、乳がんを誘発することがあります。初潮が早かったり出産経験がない人の乳がん発症率は若干高くなるという統計が出ています。

黄体ホルモン(プロゲステロン)

妊娠の助けをするホルモン

特徴

子宮の内膜を受精卵が着床しやすい状態に整え、妊娠したのちも、妊娠を継続させる働きを持っています。また、乳腺の発達や体温を上げる働きがあります。血糖値を正常にして、体脂肪を減少させたり、利尿作用もあり、また他のホルモンのバランスを調整する役目ももっています。

注意点

プロゲステロンが少ないと、無月経や生理痛、生理不順といった月経異常のほか、不妊につながったり、流産や早産になる可能性もあると言われています。 この場合、プロゲステロンの分泌を促す必要があります。

ホルモンバランス

崩れると大変・・・

『ホルモンバランスが崩れて月経不順になる』なんてことをよく耳にしますね。ホルモンバランスとは、脳の中にある視床下部や下垂体と女性ホルモンの作られる卵巣との伝達がうまくできているかどうかということです。

崩れる原因

ホルモンバランスが崩れてしまう原因は大きく分けて2つあります。

  • ストレス・不眠・無理なダイエット
  • 更年期・思春期

できるだけ、規則正しい睡眠をとったり、食生活に気をつけてホルモンバランスを整えるように心がけていくことが大切です。

主な症状

ホルモンバランスが崩れると出てくるのが次のような症状です。

  • 月経異常
  • ニキビ
  • 腰痛・肩こり
  • 冷え
  • むくみ
  • イライラなど精神不安定

生理不順などがある場合は婦人科の受診をしてみてください。また、女性の体調不良はストレスが大きく関わってきます。まずは生活改善やリラックスする事を心がけましょう。

ホルモンバランスを整える食事

ホルモンの働きを助ける成分に注目

ホルモンバランスの乱れを改善する作用がある栄養素や、体内でホルモンに似た働きをする成分を含んだ食品をご紹介します。

大豆イソフラボン

豆腐・納豆・豆乳・みそ・しょうゆなどの大豆食品全般。

ビタミンB6

マグロ・カツオなどの魚や肉類のレバー、大豆製品、ナッツ類、にんにく、バナナ。

ビタミンE

植物油やアーモンドなどのナッツ類、うなぎ、たらこ、カボチャなど。

パントテン酸

肉類のレバー、干し椎茸、ウナギ、納豆、子持ちカレイ、落花生、アボカドなど。

関連キーワード