ホーム > エステ用語索引 > ら行のエステ用語一覧 > ろうじんせいしきそはん【老人性色素斑】

ろうじんせいしきそはん

【老人性色素斑】

老人性色素斑は、顔や手の甲、腕の外側やデコルテなど日光がよくあたる場所にできる、ほぼ円形のシミです。大きさはさまざまで、境界がはっきりしているのが特徴です。小さなものはそばかすのように顔にたくさんでき、大きなものは直径数cmで、顔や頭に少数できます。色白の人や、屋外で紫外線の影響を受けやすい環境で過ごしてきた人は20代前半と早くから見られることもあります。

原因

過剰に生成されるメラニンがシミになる

老人性色素斑は、これまでに浴び続けた紫外線が原因となり、時間の経過とともに現れてきます。人体には紫外線によるダメージを防ぐ機能が備わっていて、それがメラニン細胞の活性化です。日焼けをすると皮膚が黒くなるのは、紫外線が真皮まで届いて細胞を傷つけないように、メラニン細胞が活性化してメラニンがたくさん生成されるためです。その後、通常は皮膚のターンオーバーに伴ってメラニン色素が排出され、もとの肌色に戻ります。しかし、紫外線対策をせずに慢性的に浴び続けていたり、加齢によりターンオーバーが部分的に滞ったりすると、メラニンが過剰につくられて沈着してしまい、老人性色素斑という褐色のシミができてしまうのです。

予防・対策

とにかく紫外線対策が重要!

老人性色素斑は、一度できてしまうと、自分では改善や治療が難しいので、普段から日常的に紫外線対策をしっかり行い、備えておくことが大切です。メラニン色素を増やさないためには、「紫外線をしっかりブロックすること」が大切ですが、紫外線を浴びてしまった場合はビタミンC誘導体などの美白化粧品で「メラニンをブロックすること」も有効です。そして、「ターンオーバーを整えること」でメラニンをスムーズに排出できるようにしましょう。