ホーム > エステ用語索引 > ら行のエステ用語一覧 > りこぴん【リコピン】

りこぴん

【リコピン】

リコピンとはカロテノイドの一種で、トマトやスイカに含まれる脂溶性の赤色の色素です。トマトなどに含まれる赤い色素が「リコピン」で、βカロテンの2倍以上、ビタミンの100倍以上も抗酸化作用が強いことが分かっています。

効果

強力な抗酸化作用から得られる効果

リコピンに抗酸化作用があることから得られる効果は次の通りです。

  • 血糖値を下げる
  • 動脈硬化の予防
  • 美容効果
  • ダイエット効果

美容との関係

美容にも抗酸化作用の力!

リコピンには、その抗酸化力を活かして、美白作用やシワ・たるみから肌を守るといった美肌作用が確認されつつあります。リコピンの含まれたトマトなどを食べた後、小腸から吸収されて全身を循環し、6~8時間後に肌の細胞に到達するそうです。このことから、夕食でリコピンを摂取しておけば、紫外線にさらされる朝までには肌にとどいてくれる、ということです。

関連キーワード