ホーム > エステ用語索引 > な行のエステ用語一覧 > にゅうさんきん【乳酸菌】

にゅうさんきん

【乳酸菌】

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を生産することによってエネルギーをつくる細菌の総称で多くの種類があります。その中でも乳酸を作り、人にとって良い働きをするものを乳酸菌と呼びます。

特徴

大きく2つに分けることが出来ます

乳酸菌がどのような特徴を持っているのか、大きく2つに分けてみました。

植物性乳酸菌

キムチやザーサイなどの漬物類や、大豆を主原料とする納豆・味噌・醤油などに含まれている乳酸菌。

他の細菌などと共存する体力を持ち、胃酸によって簡単には分解されず腸に到達できるので、分解されてしまった乳酸菌と比較して約10倍も活発に腸内整備をしてくれます。

動物性乳酸菌

チーズ・ミルク・ヨーグルトなどの乳製品に含まれている乳酸菌。

植物性乳酸菌とは異なり、他の細菌とは共存せずに単独で生きている乳酸菌のため、ほとんどが腸内に到達できずに分解されてしまいます。しかし動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌をより活発化させるためのエサとなったり、分解されたまま直接腸内を刺激し、機能を活発に促す効果があります。

効果

乳酸菌がもたらす健康と美容の効果

人の腸内に住む乳酸菌は、乳酸を作ることで腸内に雑菌類が住みにくい環境をつくってくれます。腸内環境をよくして病気になりにくい健康な体へと導いてくれる効果があります。その他、体にとってバリアのような役割をして守ってくれたり、便通がスムーズになったり、アトピーやアレルギー、花粉症、大腸炎、消化不良などにも効果があります。また、腸内環境が整うことで新陳代謝も活発化し、栄養もしっかり吸収できるので、お肌の状態もよくなります。