ホーム > エステ用語索引 > な行のエステ用語一覧 > のとかいようしんそうすい【能登海洋深層水】

のとかいようしんそうすい

【能登海洋深層水】

能登海洋深層水とは、日本海固有水(日本海内で循環している水温・塩分がほとんど一様な均質の深層水)と呼ばれ、能登町小木沖約320mの深さから採水されている水のことです。深層水とは一般的に水深200m以深の海水を示しており、光合成がほとんど行われないため、ミネラルが多く残り有機物も少ない水のことです。

特徴

海面付近の水と比べると・・・

深層水は海面付近の水と比べると様々なところで優れています。それを下記にまとめてみました。

清浄性

水深200mより深いところでは、大腸菌や一般の細菌による汚染がほとんどなく、また陸上や大気からの化学物質による汚染の可能性も少ない。

富栄養性

海洋深層水の存在する海域は太陽光が届かず、食物プランクトンが光合成できないため、食物の成長に欠かせない硝酸塩やリン酸塩等の無機栄養塩類が未使用のまま貯蔵されている。

低温安定性

海洋深層水が存在する水深200m以深は、太陽光が届かないため、水温は海面表層部分に比べかなり低く、通年にわたり安定している。

熟成性

水圧20気圧以上の高圧下で海水が熟成される。

ミネラル特性

海水には、カルシウム・鉄・亜鉛・マグネシウムなど、生物が生きていく上で必要な必須微量元素やミネラルがバランスよく含まれている。

効能

美容には効果があるの?

海洋深層水は、バランスよく含まれるミネラルや栄養素の作用から色々な健康・美容効果が期待できるとされています。アトピー性皮膚炎に何らかの改善効果がみられるというデータがありますし、含まれる有効成分の働きと、肌への浸透率の高さから美肌効果が期待できるとして、化粧品や入浴剤の成分としても多く利用されています。

関連キーワード