ホーム > エステ用語索引 > な行のエステ用語一覧 > にきびあと【ニキビ跡】

にきびあと

【ニキビ跡】

ニキビ跡とは、ニキビが治まった後、肌に残る色素沈着やデコボコなどの痕跡のことです。

種類

ニキビ跡ってどうなるの?

ニキビ跡には種類があり、大きく3つに分けることが出来ます。

赤みが残る

まだニキビの炎症が残っていたり、炎症でうっ血して赤くなっていたりする状態です。赤みには、肌の炎症を抑える効果のあるビタミンCが有効です。

色素沈着している

ニキビの炎症が起こることによってメラニンが発生するのが原因で茶色いシミのようになってしまう状態です。このようなニキビ跡にはピーリングが効果的です。肌のターンオーバーを促し、メラニンの排出を助ける作用があり、沈着してしまったシミに効果が期待できます。

クレーターが出来る

肌の表面がデコボコになっている状態です。ニキビが進行する過程で皮膚組織が破壊された場合にできてしまいます。クレーターはホームケアで治すことは難しいと言われていますが、AHAやフルーツ酸を使ったピーリングなどで正常なターンオーバーを促し、目立たなくなるよう改善を目指すことができます。