ホーム > エステ用語索引 > な行のエステ用語一覧 > なつめえきす【ナツメエキス】

なつめえきす

【ナツメエキス】

ナツメエキスとは、ナツメまたはその近緑植物の果実から抽出して得られるエキスです。保湿作用、収れん作用、皮膚細胞活性作用があるので、基礎化粧品に配合されたりしています。また、脂肪を分解する燃焼リパーゼと言う酵素を活性化し、脂肪を筋肉が使いやすい遊離脂肪酸に分解して代謝を促進する働きがあるため、ボディクリームなどにも配合されています。

ナツメ果実

どんな果実なの?

ナツメは、クロウメモドキ科ナツメ属の落葉小高木で、中国の北部から中部が原産です。日本へは奈良時代に入ってきたと言われています。5月~7月頃に淡い黄緑色の花を咲かせ、9月~10月頃になると果実が赤褐色または暗灰赤色に熟します。名前は、初夏に芽吹くことから名付けられました。ナツメはリンゴのような風味で、生食の他にドライフルーツにも適しています。葉酸、カリウム、亜鉛などミネラルが豊富です。また漢方薬にも利用され、強壮作用や鎮静作用があるとされています。