ホーム > エステ用語索引 > な行のエステ用語一覧 > ねいる【ネイル】

ねいる

【ネイル】

ネイルとは爪のことです。女性のネイルといえば、甘皮処理などから、爪のカラーやアートまで幅広く指先のお手入れをさします。

ネイルの歴史

日本での歴史もけっこう深い!

日本では、平安時代にはすでにホウセンカとホオズキを組み合わせて爪を赤く染める「つまくれない」というものが行われていました。江戸時代には、「爪紅」と呼ばれ紅と同じように愛用されていたそうです。明治時代には、フランスから技術が持ち込まれて「磨爪術」として発展していき、昭和になって本格的に普及しました。

ネイルの種類

ネイルの種類は豊富です

カラーリング

爪に好みのカラーを塗るもの。

ネイルアート

アクリル絵の具やジェルを使って3Dなど好きなデザインにアートしたり、ストーン・ホロ・シールなどを装飾したりするもの。

スカルプチュア

付け爪の一種で、地爪の上に、アクリル樹脂やジェルなどを直接盛り、爪の延長や補強を行う技術。

ジェルネイル

ゼリー状の液体を爪にのせ、UVライトで固めたものをジェルネイルといいます。落ちにくく、爪への負担も軽い上、透明感や輝きがあり、色も豊富です。

カルジェル

カルジェルもジェルネイルの一種です。ダメージを最小限に抑え、美しいネイルを楽しめる地爪に優しいジェルネイルです。

オーダーチップ

爪の大きさに合わせて作るネイルチップです。両面テープで爪に付ければ、必要な時だけ利用できるので、仕事柄ネイルが出来ない人にも便利です。

関連キーワード