ホーム > エステ用語索引 > ま行のエステ用語一覧 > もうほうえん【毛包炎】

もうほうえん

【毛包炎】

毛包炎は、毛包にブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気です。肌の弱い人がシャツなどで皮膚がこすれる場合や、ムダ毛を抜いた時などに、毛包部にごく軽い傷がついた時、皮膚の湿った状態が長く続いた場合、または副腎皮質ステロイド薬を塗っている場合は、毛包炎を引き起こす要因となります。毛包炎は膿をもったできものの周囲がやや赤く腫れ上がるのが特徴です。1個~数十個まとめて発症します。しかし、基本的には日数の経過とともに自然に症状が改善する傾向にあります。皮膚を清潔に保つことなど、日常生活の見直しからしっかり行うことで大半のケースで症状の改善が見られます。但し、いつまでも治らなかったり、あまりにも大量に発症している場合は受診しましょう。

関連キーワード