ホーム > エステ用語索引 > ま行のエステ用語一覧 > みねらる【ミネラル】

みねらる

【ミネラル】

ミネラルとは「鉱物」のことで、「無機質」とも呼ばれる身体に必要な金属元素のことです。糖質、脂質、たんぱく質、ビタミンと並び五大栄養素の一つとして数えられています。

ミネラルの働き

体に含まれるのはごく少量でも働きはとても重要!

ミネラルは歯や骨をつくるなど、体の基本的な構造に深く関わっています。

  • 体液の量を調節する
  • 血液の酸性、アルカリ性のバランスを整える
  • ホルモンや神経を調節する
  • 骨や歯、酵素をつくるもととなる

ミネラルの摂取

ミネラルの種類って?

ミネラルは、ビタミンやその他の栄養素と異なり、不足と過剰の幅が狭く、摂取が難しいのが特徴です。ミネラルが不足すると、貧血、肌荒れや冷え、生活習慣病のリスクを高める可能性があると言われています。逆に過剰摂取すると、高血圧や心臓、胃への負担がかかり、またカルシウムの吸収を邪魔したりします。

主要ミネラル:ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、硫黄、塩素

微量ミネラル: 鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、マンガン、モリブデン、クロム、コバルト