ホーム > エステ用語索引 > ま行のエステ用語一覧 > めらのさいと【メラノサイト】

めらのさいと

【メラノサイト】

メラノサイトとは、「色素細胞」とも呼ばれ、メラニンをつくり出している細胞のことです。表皮と真皮の境界線上で、規定細胞の間にある星のような形をした細胞です。紫外線を浴びると、表皮からメラノサイトに対し、メラニン生成の信号が送られます。すると、メラノサイトだけに存在するチロシナーゼという酵素の働きによってメラニン色素が作られるのです。強い紫外線を浴び続けると活性型のメラノサイト自体の数も増え、メラニン色素が過剰に生成されてしまいます。これがシミやソバカスの原因となるのです。また、メラノサイトは髪色とも深い関係があり、加齢によってメラノサイトの働きが弱まると、メラニンが生成されなくなり、白髪になると考えられています。