ホーム > エステ用語索引 > ま行のエステ用語一覧 > めらにんしきそ【メラニン色素】

めらにんしきそ

【メラニン色素】

メラニン色素とは、私たちの肌の色や髪色、瞳の色を作っている色素で、「メラニン」と呼ばれています。このメラニンには、「ユウメラニン」という褐色と「フェオメラニン」という赤色の2つに分けられていて、そのメラニン量によって肌の色が十人十色に見えるわけです。

メラニン色素の働き

メラニン色素って実は悪者ではなく、お肌を守っている?

紫外線を浴びると脳が「メラニンを作れ」という指令を出します。脳から指令を受け取るとメラニンは黒くなって外部からの侵入を防ごうとするのです。メラニンは黒色の色素を作り出すので人から嫌われがちですが、実はお肌の強い味方なのです。

メラニンのしくみ

メラニン色素が作られる材料って?

実は活性酸素を材料にメラニン色素は作られています。紫外線を浴びて活性酸素が発生するとメラニンがこれを吸収して分解し、それを材料に生成されるのです。ということは、紫外線以外にもメラニンが作られる原因があるということです。皮脂や化粧品など、そこの含まれる油脂は酸化されやすいので気をつけなければいけません。その他にも、寝不足などの不規則な生活や喫煙、ストレスでも活性酸素は発生します。メラニン色素が作られる要素はたくさんあるので紫外線だけでなく、日頃の生活から気をつける必要があります。