ホーム > エステ用語索引 > か行のエステ用語一覧 > くーぱーじんたい【クーパー靭帯】

くーぱーじんたい

【クーパー靭帯】

クーパー靭帯とは、バスト内にあるコラーゲン繊維組織の束のことをいいます。その役割は、乳腺を皮膚や筋肉につなぎとめ、バストを支えるものですが、伸びたり切れたりすることがあり、一度そうなってしまうと自然に元に戻ることはないと言われています。

クーパー靭帯のケア

伸びたり切れたりしないためのケアをしましょう!

クーパー靭帯はとてもデリケートなものなので、激しい運動などで伸びてしまったり、切れてしまったりすることがあり、バストの下垂を招きます。美しいバストを保つためには、このクーパー靭帯が損傷しないためのケアが必要となります。

日常でもしっかりサポートする

普段からバストをしっかり外側から支えるようブラジャーをつける。大きいバストの方が負担も大きいですが、小さくても負担となる重さは十分あるので気をつけましょう。

スポーツ時にサポートする

スポーツをする時はスポーツ専用のブラジャーをつける。ランニングなどの激しい振動で損傷させないようにサポート力の高いものを選びましょう。

就寝時にもサポートする

寝ている間もバストの重みなどでクーパー靭帯が切れないようにナイトケア用のブラジャーをつける。また、うつぶせで眠るとバストへの負担が大きいので仰向けで眠る方がいいでしょう。

関連キーワード