ホーム > エステ用語索引 > か行のエステ用語一覧 > こつばん【骨盤】

こつばん

【骨盤】

骨盤とは、「腸骨+恥骨+坐骨+仙骨(仙椎)」の4つの骨の総称です。

役割

骨盤は身体の土台です

骨盤は全身の中心にあり、上は背骨、下は股関節につながっていて、全身を支える土台のような役割 をしています。骨盤の役割が大きいものを挙げてみました。

歩行時の役割

骨盤は、歩く時に足からの衝撃を吸収し上半身の重さを支えます。そして、骨盤は大腿骨の結合部に位置していて、両足と胴体をつなぐ股関節とも連動し、歩行を支えています。

生殖器や内臓を守る役割

骨盤の中には生殖器や内臓があり、それらを下から支えています。骨盤のゆがみで、内臓を支えることができなくなると、内臓は下腹部に下がってきてしまいます。これがぽっこりおなかの原因です。

座る時に身体を支える役割

座る時、坐骨を支点として支えます。理想的な座る姿勢は、坐骨の2点で上半身を支えた姿勢です。足を組んだり、横向きに座ったりすると坐骨の1点で体重を支えることになり、骨盤のゆがみの原因となります。

骨格の中心で上半身を支える役割

立っている時や座っている時、歩いている時など、上半身を起こしている時は、常に上半身を支えています。骨盤が正しい位置にないと、バランスが取れずに体重のかかり方が内側や外側になってしまいます。これがO脚やX脚の原因となります。

赤ちゃんを守る役割

妊娠すると、赤ちゃんの入っている子宮は大きくなります。子宮は骨盤の中にあるので、子宮が大きくなると骨盤も開いていきます。出産まで赤ちゃんを守り、支える役割が骨盤にはあります。

骨盤の歪み

骨盤には2種類の歪み方があります

正常な人の骨盤は逆三角形のきれいなハート型をしています。骨盤の歪みといっても、全ての人が同じように歪んでいるわけではありません。ゆがみ方の違いはクセや仕事、体型、体質、生活習慣などによって出てきます。歪み方は人によって異なり、大きく分けて2種類の歪み方があります。

左右の歪み

足の長さが左右で異なったり、片方だけに肩こりの症状が現れたり、体の傾きによる症状が出るようになります。また、左右の歪みは、腰痛や肩こり、生理痛が起きやすく、脚の長さがそろわずに片脚が曲がってO脚になることもあります。

次のような方は要注意です。

  • 座るときに足を組むクセがある
  • 靴が片減りする
  • 立っているとき、つい壁やドアに寄りかかってしまう
  • O脚またはX脚である
  • 立つ時に腰が痛く、叩いたりさすったりする
  • 仰向けに寝た時、足先の開き方が左右均等でない

前後の歪み

骨盤の左右どちらかだけ前後に傾いている場合と、骨盤の左右両方が前後に傾いている場合とがあります。ライフスタイルによって前後の傾きに違いがあり、デスクワークの多い人には後傾の人が多く、陸上競技を行う人には前傾の人が多いということです。日本人全体では、後傾の人が多いようです。骨盤が開いて後ろに倒れると、腹筋、背筋が緩み、内臓が圧迫され、活力が出なくなります。下半身への血行が悪いのでむくみがちにも。また、ウエストはずん胴、ヒップはのっぺりと平らになります。

次のような方は要注意です。

  • 猫背
  • 靴が外側ばかり減る
  • ズボンのひざが外に開いて型がつく
  • ソファや電車のシートに座るとき足を前に投げ出す

骨盤の歪みが体に与える影響

その症状、歪みが原因かも?!

土台となる骨盤が歪むと、繋がっているその他の骨を伝って様々な症状を起こします。

顔の歪み

頭蓋骨と骨盤は背骨によって繋がっているので、何らかの原因で歪みが生じると、背骨を介して頭蓋骨まで伝わり、顔にむくみが出たり、歪みが現れたりします。

バストが垂れる

バストが垂れる原因になる猫背は、骨盤の開きによって起こる歪みの1つです。

ヒップが下がる

骨盤の開きが、横広がりでだらんと垂れたお尻を作る要因となります。

脚の形

骨盤~股関節、大腿骨の歪みは、O脚やX脚と呼ばれる形に脚を歪ませ、筋肉のつき方までバランスが悪くなってしまいます。

二の腕のたるみ

骨盤が歪んで猫背になると、腕がスムーズに動かなくなり、二の腕に余分な脂肪がついてしまいます。

ぽっこりお腹

骨盤の歪みが原因でS字形の背骨に曲がってしまうと、体は背中側の筋肉を緊張させて歪みをカバーしようとします。すると、お腹側は緊張を緩めることでバランスをとろうとするため、お腹がぽっこりと出てしまうのです。

太りやすい体質に

骨盤が歪んで開いてしまうと、骨盤に守られていた内臓が下がり、胃まで下がってしまいます。すると、消化器官が正常に働かず、太る体質が出来上がってしまうのです。

骨盤の歪み解消法

日々の生活から見直してみましょう

骨盤のゆがみは日常生活の中の姿勢や行動に原因があり、徐々に「歪んだり、ずれたり、開いたり」していくものです。日頃から意識して改善していきましょう。

  • 背筋を伸ばして正しい姿勢を心がける
  • かかとから着地し正しい歩き方をする
  • 横向きではなく仰向けで寝る
  • 腹筋を意識して腹式呼吸をするようにする
  • サイズの合った下着を着ける
  • 骨盤ベルトや骨盤の歪みを改善するガードルなどを取り入れる

また、脚を組んだり、長時間イスに座ったままいたり、ヒールの高い靴を履いている人なども注意が必要です。骨盤の歪みの原因となることは避けて、改善するよう心がけましょう。

関連キーワード