ホーム > エステ用語索引 > か行のエステ用語一覧 > こらーげん【コラーゲン】

こらーげん

【コラーゲン】

動物の骨、軟骨、腱(けん)、皮膚などを構成するタンパク質。脊椎動物中もっとも多く含まれるタンパク質で、全体の約3分の1を占める。長時間煮沸すると、可溶性の誘導タンパク質ゼラチンに変性する。生体内で構造・形態などを形成・保持する機能のほかに、細胞の接着および細胞の増殖や分化などに関与している。

肌とコラーゲンの関係

シワやたるみはコラーゲンの減少が原因

私たちの肌の真皮は約70%がコラーゲンでできていて、肌のハリや弾力性を保つのに役立っています。この真皮の新陳代謝にはコラーゲンを作る細胞が重要で、この細胞が活発なほどコラーゲンが生成されます。細胞はもちろん加齢とともに衰えますので、コラーゲンの生成量も加齢とともに減少します。加齢とともに肌のたるみやシワが気になるのは、このためです。

コラーゲンの摂取方法

皮膚からは吸収されないんです…

残念なことに、コラーゲンは皮膚からは吸収されません。ですので、食事やサプリメントなど、直接体内へ摂取する必要があります。ただし、食べたコラーゲンがそのまま皮膚に行くわけでなく、体内でコラーゲンを作る材料となるので、コラーゲン生成に欠かせないビタミンCと一緒に日常的に摂取するようにしましょう。

※コラーゲンには保湿効果があるため、肌の保湿としてはコラーゲン配合の化粧品も意味があります。