ホーム > エステ用語索引 > か行のエステ用語一覧 > けしょうすい【化粧水】

けしょうすい

【化粧水】

皮膚を整えるための水溶液状基礎化粧品の総称。凝乳状のクリームとは区別される。皮膚表面に適度な潤いを与え、不要の角質を除き、肌を柔らかく滑らかに清潔に保つ働きをする。

化粧水の種類

無意識に使っている人は要注意!

化粧水には4つの種類があります。自分がどのタイプのものを使っているのか、意識して見てみてください。お肌の状態や好みによって使い分けることが大切です。

一般肌化粧水

保湿効果、柔軟作用がバランスよく配合されたもの。主にしっとりタイプとさっぱりタイプの2種類がある。

収れん化粧水

アルコールが含まれる事が多く、毛穴の引き締めや皮脂を抑える効果がある。使用感はスーッとしていて、どちらかというとさっぱりした感じ。

柔軟化粧水

化粧水をつけた後に使う化粧品の浸透をより高めてくれるもの。保湿効果が高く、使用感はしっとり。

ふき取り化粧水

ふき取りが目的であるもの。マッサージやパックの後に使用することが多く、基本的にひきしめ効果があることが多い。水分補給はできないので、別に保湿化粧水が必要。

使い方のポイント

間違うとお肌トラブルのもとに…

毎日のお手入れに欠かせない化粧水ですが、使い方を間違うとお肌トラブルのもとになります。使い方のポイント(注意点)をご紹介しますので、日々のお手入れに活かしてください。

  • パッティングのしすぎは禁物!できるだけ優しく、押さえるような感覚で行いましょう。
  • 化粧水をつけた後、手がお肌に吸い付く程度にたっぷりと使いましょう。
  • コットンを使う際はなるべく上質なものを使いましょう。コットンの刺激がトラブルのもとになる場合もあります。刺激が気になる場合は手でつけましょう。