ホーム > エステ用語索引 > か行のエステ用語一覧 > けぬきでだつもう【毛抜きで脱毛】

けぬきでだつもう

【毛抜きで脱毛】

毛抜き・ピンセットを使ってムダ毛を抜く脱毛方法です。

特徴

毛抜き派のあなたは大丈夫?

毛抜きで脱毛

毛根から脱毛するので、表面上はきれいに脱毛されたように見えます。

しかし、皮膚も一緒に引っ張るのでブツブツと鳥肌状に。また、炎症を引き起こし、完治しても黒ずむ恐れがあります。これ、実は剃る場合よりも問題があります。専門的に言うと「毛母細胞が引きちぎられて、毛穴に膿が溜まり、恐いことになってしまう」のです。

毛抜きでの脱毛は、全部抜いたつもりでも、根っこは生きていますし、その証拠に、抜いてもまた生えてきます。痛い思いをして、涙を浮かべて抜いても結局のところ問題を起こしてしまうのです。時間もかかるし、もちろん技術も要するし、アフターケアがすごく難しいのが、毛抜き派なんです。

トラブル

どんな肌トラブルになるの?

毛抜きで脱毛

無理な自己処理を続けていると、表皮の内側に毛が横に生える症状が現れることがあります。

これをイングロヘアーといい、一度そうなってしまうと自然に元通りになることはありません。

イングロヘアーは皮膚にグレーの影となって透けて見えるか、黒い点に見えるか、カサブタや毛のう炎(ニキビのような炎症)で覆われているか、いずれも美しい素肌とはいえません。

毛自体は皮膚表面下を数ミリ横に生えているもの、短いもの、コイル状になっているものなどがあります。

対策

じゃあどうしたらいいの?

まずは毛抜き・ピンセットを使った自己処理をやめることです。

お肌にも毛穴にも負担がかかり、結果的にはトラブルを起こすケースが多いのです。

特にご自分で脱毛した場合、思わぬところを傷つけて、ばい菌が入って化膿するようなこともあります。

自分で脱毛すれば、もちろん手軽で安価ですが、長年の処理に対する時間とコストを考えると、専門家に任せた方が、安心で確実で、何より「キレイ!」に脱毛できます。

関連キーワード