ホーム > エステ用語索引 > か行のエステ用語一覧 > かんせん【汗腺】

かんせん

【汗腺】

汗腺は、皮膚にある汗を分泌する腺のことです。

役割

汗腺にはどんな役割があるの?

汗腺は小汗腺(エクリン腺)と大汗腺(アポクリン汗腺)の2種類に分類され、それぞれ違った役割をもっています。

小汗腺(エクリン腺)

エクリン腺は全身のあらゆる箇所に存在する汗腺で、主に体温調節を目的に汗を分泌します。人間の出す汗はほとんどがエクリン腺からの汗です。エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残りは塩分やアンモニアなどが含まれています。この汗はにおい自体は非常に薄いですが、汗をかいて放置しておくと雑菌が繁殖して汗臭く感じたりします。

大汗腺(アポクリン汗腺)

アポクリン腺はわきの下などに集中していて、ニオイの原因となる汗を出す働きがあります。動物にとっては仲間同士の確認や異性をひきつけるフェロモンのような役割があるため体臭は必要なものですが、人間の場合、最近はニオイに敏感な人が多く、アポクリン腺の分泌液のニオイは「ワキガ」などと呼ばれて嫌われています。

機能

汗腺は使わないと休眠してしまいます

人間の体には200万~500万の汗腺があると言われていますが、その半分近くは休眠状態にあります。また、運動不足だったり、エアコンの利いた室内ばかりにいると、体は汗をかく必要が無くなってしまい、さらに休眠汗腺の数が増え、活動している汗腺の数は減ってしまいます。 汗をつくるのに十分な時間があれば、汗の原液からミネラルなどの成分は再吸収されて減り、水分ばかりの良い汗を作ることができます。でも時間が足りないと、水以外の成分を多く含んだ悪い汗をかいてしまうのです。つまり、活動している汗腺の数が減ると、1つの汗腺は他の休眠している汗腺の分まで働かなければならなりません。そのためゆっくり水分以外の成分を血液に戻している余裕がなくなってしまうのです。 しかし、日ごろから汗をよくかくようにしていれば、休眠している汗腺は活動を再開します。活動している汗腺の数が増えれば、1つの汗腺が一定時間当たりに出す汗の量が減るため、良い汗が作れるということです。

汗腺トレーニング

汗腺は鍛えられます

定期的に適度な運動を行い汗腺を刺激するのが望ましいですが、その他にも入浴による「汗腺トレーニング」が効果的です。

方法

  1. まず43~44℃ほどの熱いお湯にひざ下だけ10~15分ほど浸かります。
  2. 次に36℃ほどのぬるくしたお湯に15~20分ほど全身で浸かります。
  3. お風呂から上がったら水分を拭き取り、服を着ないまま汗を自然乾燥させます。

関連キーワード