ホーム > エステ用語索引 > か行のエステ用語一覧 > かんぱん【肝斑】

かんぱん

【肝斑】

妊娠中や更年期の女性のホルモンバランスの乱れによって引き起こされる女性特有のシミで、目の下にもやもやとした感じで左右対称にできる。黄体ホルモンなどの女性ホルモンの影響で、メラノサイト活性化因子であるプラスミンがメラノサイトを刺激し、メラニン色素の生成を促すためにできると考えられている。紫外線による比較的くっきりとしたシミとは区別が付きやすく、また、それらのシミとは異なり、美白化粧品やレーザー治療などで治療することが難しい。

美白成分のひとつ「トラネキサム酸」は、プラスミンの働きを阻害して、メラノサイトの活性化を抑制するとされ、肝斑の治療に効果のある唯一の成分であるとされている。