ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > ぷらせんたえきす【プラセンタエキス】

ぷらせんたえきす

【プラセンタエキス】

胎盤から無菌状態で抽出され精製されたエキスで、化粧品に配合されるエキスは豚の胎盤によるものが多く使われている。メラニン色素の生成を抑制する働きのほか、メラニン色素の排出を助ける働きもある。

また、ビタミン(特にビタミンB群)をはじめ、ミネラル、アミノ酸、拡散、各種の成長因子などが豊富に含まれているため、美白効果だけでなく、肌のキメを整えたり、シワやたるみを防いだりという美肌効果も期待できる。

厚生労働省認定の美白成分の1つ。

ご注意

毎日使うのではなく、頻度を決めて

プラセンタエキスの大きな特徴は、各種の成長因子(細胞増殖因子、グロスファクター)を含んでいることです。成長因子とは、細胞を刺激して細胞分裂を促進させる活性化因子のようなもので、自然界には胎盤にしか存在しません。この成長因子の働きによって、新陳代謝が活発になり、肌のトラブルが改善されていきます。

プラセンタエキスは、直接肌に塗る方法が一番効果が高いといわれています。美白化粧品として購入する場合は、プラセンタの濃度の高いものを選ぶといいでしょう。

ただし、成長因子などの有効成分が豊富なため、使用を続けると自己再生力が衰えるとも言われています。毎日使用するのではなく、頻度を決めて使うようにしてください。