ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > ぱっく【パック】

ぱっく

【パック】

パックは「包む」という文字どおり、洗顔後にパック剤を顔面に塗り、人工的な皮膜で「包む」美顔術の一種です。パック剤を塗ると、表皮は外気から遮断されるので温度が上がり、発汗作用が促されて皮脂腺が開き、新陳代謝が盛んになります。このため、皮膚の老廃物は排泄され、同時にパック剤の乾燥する力が皮膚に一種のマッサージ効果をもたらします。また、皮膚表面から蒸発してパック剤との間にたまった水分によって、表皮の角質層はより柔軟になります。