ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > ほうれいせん【ほうれい線】

ほうれいせん

【ほうれい線】

ほうれい線とは、鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本のシワのことです。ほうれい線が目立っているかどうかは、見た目年齢の印象として最も重要なポイントです。ほうれい線が目立っている人は、そうでない人より、見た目の年齢が軽く5歳は上がると言われています。

原因

どうしてほうれい線ができてしまうの?

加齢による表情筋の衰え

年齢を重ねるごとに表情筋が衰えて筋力が低下し、首や顎の力も弱くなります。そこからシワやたるみに発展し、ほうれい線が刻まれるのです。

紫外線や乾燥

紫外線は、肌の奥の真皮まで入り込んで細胞組織を攻撃します。また、乾燥している肌はバリア機能が低下しているため、紫外線はもちろん、外的刺激を直接受けてしまいます。このようなことがほうれい線へと加速させるのです。

生活習慣

その他にも、不規則な生活、睡眠不足、喫煙、ストレスなどが挙げられます。

予防

毎日のケアにエクササイズやマッサージを取り入れてみて!

ほうれい線が気になったらすぐに予防をはじめましょう。外出する時は、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を怠らないことが鉄則です。乾燥も大きなダメージにつながりますので、保湿をしっかりして、潤いをキープしましょう。表情筋を鍛えるには、エクササイズやマッサージが効果的です。生活習慣にも気をつけ、なるべく規則正しい生活を心がけましょう。

ほうれい線に効くマッサージ

優しく撫でるようにやってみてください♪

  1. 両手の人差し指、中指で口とあごの間を軽く押します。
  2. 手を少しずつ、両方の口角の方、その先のほうれい線の方、頬骨の下へとずらします。
  3. 次に手を両方の耳の方へ滑らせます。その手をえらの付け根まで下げ、最後に鎖骨までなぞり下ろします。
  4. 鎖骨の辺りには、リンパ腺のターミナルがあります。顔に停滞している老廃物を押して鎖骨まで届けるようなイメージで行いましょう。