ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > ほしつ【保湿】

ほしつ

【保湿】

保湿とは水分を補給することではなく、肌に本来備わっている保湿成分を維持する事です。

保湿の目的

たっぷり肌に潤いを与えて、乾燥しにくい肌へ

肌に保湿成分を与えてやり、乾燥しにくい肌へ改善していくことが、保湿の目的です。

乾燥しにくい肌、つまり、保水力のある肌になれば、空気が乾燥していても、肌が乾燥しなくなります。

乾燥肌にならないために、肌にしっかりと保湿成分を与えてあげましょう。

保湿成分

美溶液やクリームで保水力を高めましょう!

保湿成分は、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などです。

これらは、化粧水にはほとんど配合されていません。

美容液やクリームには、保湿成分が多く配合されているので、これらを使って、肌の保水力を高めましょう。

保湿方法

ハンドマスクで保湿を高め、気持ちもゆったりリラックス♪

肌を潤いで満たし、丁寧に浸透させましょう

洗顔後なるべく早く保湿を始めることがポイントです。

お肌の状態に合った化粧品を選び、一つ一つを丁寧にしっかり浸透させましょう。

この時、お肌に浸透したのを確認しながら次のステップへ進んでください。

静かに顔全体を両手でやさしく包みこむように軽く押さえ、ゆっくりと深呼吸をすると、気持ちもゆったりとリラックスし、ハンドマスクによって、しっとりとした保湿効果が得られます。

潤いが逃げないようしっかりガード

朝も夜もお手入れの最後には必ず乳液やクリームで肌にふたをして、潤いを閉じ込めることを忘れずにしてください。

化粧水だけをつけても、すぐに蒸発してしまいますから、潤いが逃げないようにしっかりガードしましょう。