ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > ひやけ【日焼け】

ひやけ

【日焼け】

紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状(サンバーンsunburn)と、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタン sun tanning)。

上手な日焼けのコツ

サンオイルはお肌が褐色になってから

大切なのはサンバーン(炎症)を起こさないこと。最初はサンスクリーン剤でUVBをカットし、少しずつ灼いていきます。いきなり長時間太陽に当たるのは厳禁。とくに午前10時から午後2時の日射しが強い時間帯は要注意です。ゆっくり計画的に灼いたうえでお肌が褐色になってきたらサンオイルを塗りましょう。

日焼けでヒリヒリしたら…

とにかく冷たいタオルで火照りを鎮めて

まず冷たいタオルで火照りを鎮めお肌を休めてください。日焼けがヒドイ場合はステロイド軟膏で対応し、自然に皮がむけるのを待って美白化粧品でお手入れします。

紫外線対策の食品

事前の緑黄色野菜摂取がポイント!

化粧品による紫外線対策に、食事面の対策をプラスするとさらに効果が倍増。にんじん、トマト、かぼちゃ、小松菜、ほうれんそうなどの緑黄色野菜に多く含まれるベータカロチンは色素の一種で、抗酸化作用が特に強いとされています。アウトドアで遊ぶ2~3日前にこれらのジュースやスープを摂取して、体内の紫外線バリアを強化しましょう。ちなみにベータカロチンは日光過敏症などの治療に応用されているほか、ガン対策にも大きな効果があります。