ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > ひーとしょっくぷろていん【ヒートショックプロテイン】

ひーとしょっくぷろていん

【ヒートショックプロテイン】

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、熱ストレスを利用して痛んだ細胞を修復し、元気にする働きを持つタンパク質のことです。また、免疫力を高めて病気を予防したり、紫外線やストレスから肌を守り、メラニンの生成を抑え、コラーゲンの減少を抑制して美肌を保ってくれます。

HSP入浴法

熱を利用して細胞を活性化させよう!

ヒートショックプロテインを増やすには、40~42度のお風呂に入るのが効果的とされています。ちょっと熱めのお湯に10分ほど全身浸かることが基本となりますので、入浴前にまずはしっかり水分補給をしましょう。また、体温を38度以上に上げるのがポイントで、その状態を入浴後も10~15分保つことが大切ですので、入浴後も体温をキープする為に身体の保温に努めてください。この入浴法は毎日する必要はないので、週に2回を目安に行ってください。