ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > はだのさんか【肌の酸化】

はだのさんか

【肌の酸化】

「肌が酸化する」とは、肌が「錆びる」ことです。その元凶は「活性酸素」です。

肌の酸化=肌の老化

肌が金属のように錆びていきます

シミの大きな原因は、紫外線です。

肌が紫外線を浴びると体内で「活性酸素」が発生します。

活性酸素とは、酸素がさまざまな原因によって攻撃的で毒性のある酸素に変身したもので、皮膚の細胞を「酸化」し、メラニンを増やしてしまいます。

また、年齢を重ねるごとに気になるシワは、皮膚の組織が活性酸素により「酸化」され、皮膚が弾力を失ってしまうことが原因です。

紫外線によって体内の活性酸素が増えると、「酸化」が起こりやすくなり、シミやシワが増えて老化が進んでしまうのです。

若々しく健康的な肌を保つためには、活性酸素の発生を抑えてとにかく「酸化」を防ぐこと、"サビない生活をすること"が重要なのです。

酸化の原因

脂=酸化する性質

紫外線を浴びたり、お肌の上に長時間皮脂やファンデーションが載っていると、過酸化脂質(皮脂が酸化したもの)が増えます。

この皮脂自体は皮膚を保護する役割もあり、決して悪者なだけではないのですが、「脂=酸化する性質」なので、ちょっと扱い方を間違うと、すぐ肌の上で、「敵」へと化してしまいます。

メイクの成分は大部分が油分で出来ているものなので、それら油分が長い時間顔のうえにのっているのは、避けなければいけない事態なのです。

皮膚が酸化すると、細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンを硬化させ皮膚の弾力失わせ、老化を進めます。

夏は、ウォータープルーフのサンスクリーンなど油分が多く、そして落ちにくいものも多々ありますので特に注意して下さい。

対策

スキンケアを見直しましょう

肌の酸化をガードするには、毎日のスキンケアを見直し、しっかり丁寧な洗顔を心がけましょう。

1日中メイクや皮脂で過酸化脂質が溜まっている夜は、しっかりと洗顔し、睡眠中に肌の補修が出来るようにし、朝は夜の間に分泌された皮脂を洗い流す程度に軽く洗顔します。

また、抗酸化力のある美容液の使用も効果的です。