ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > ふらぼのいど【フラボノイド】

ふらぼのいど

【フラボノイド】

フラボノイドとは、一定の化学構造を持つ成分の総称で、植物に含まれている色素、苦味、辛味成分であり、ポリフェノールのひとつです。フラボノイドは種類によって特徴や作用が異なりますが、多くが強力な抗酸化作用を持っています。

主な種類とその効能

食事やサプリメントで摂取しましょう

フラボノイドは、各成分によって様々な特徴を持ちますが、強力な抗酸化作用を持った成分が多く存在します。その種類と効能について代表的なものを挙げます。

アントシアニン

ブルーベリーやカシスなどに含まれていて、抗酸化作用・視覚機能を改善する働きなどがあります。

ヘスペリジン

ビタミンPとも呼ばれ、青みかんなどの柑橘類に含まれており、コラーゲンの生成を促進する働きなどがあります。

ルチン

ビタミンPとも呼ばれ、そばやイチジクに含まれており、血流を改善する効果があるといわれています。

カテキン

緑茶に多く含まれており、強力な抗酸化作用があり、生活習慣病の予防や改善に効果があります。

イソフラボン

大豆などに含まれていて、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きがあり、更年期障害の症状を改善する効果があります。

ケルセチン

ビタミンPとも呼ばれ、たまねぎやリンゴの皮などに含まれており、アレルギーを抑制する効果があるといわれています。

関連キーワード