ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > びたみん【ビタミン】

びたみん

【ビタミン】

ビタミンとは、人が生きていくのに必要な代謝を助け、健康な身体を維持する上で、大切な役割をする栄養素です。1日に必要な摂取量はわずかですが、不足すると様々な症状(欠乏症)をひきおこします。このため、ビタミンはミネラルとともに、別名「微量栄養素」とも、呼ばれています。ビタミンには水には溶けないで脂に溶けやすい脂溶性ビタミンと水に溶けやすい水溶性ビタミンがあります。脂溶性のビタミンはビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの4種類で、水溶性のビタミンはビタミンB群とビタミンCです。ビタミンは体内で作ることができないため、食べ物から摂取しなければなりません。バランスよくいろんな種類のビタミンを摂取するのが理想的です。

厚生労働省認可の美白成分の1つ。

ビタミンの種類

主なビタミンの種類と効果

脂溶性ビタミン

油に溶ける性質のビタミンです。必要以上に摂取すると体内に蓄積し、ビタミン過剰症を起こすことがあるので注意が必要です。

ビタミンA

皮膚や粘膜の健康、眼の健康に必要不可欠な栄養素。欠乏すると視力低下や肌荒れの原因になります。

ビタミンD

カルシウムの吸収を促進させ、骨の石灰化を防ぎ発育を促す作用があります。欠乏すると骨粗しょう症になりやすく、骨折しやすくなります。

ビタミンE

強い抗酸化作用をもち老化の原因を取り除く働き、血行促進の効果などがあります。不足すると、肌の老化、冷え性、不妊症などになりやすくなります。

ビタミンK

血液凝固に関与するビタミンです。不足すると、 止血時に血が止まりにくくなります。骨が弱くなり、青あざができやすく、鼻血が出やすくなります。

水溶性ビタミン

水に溶ける性質のビタミンです。体内に余分に摂取すると尿中に排出されます。

ビタミンB1

糖質をエネルギーに変える働きがあります。また神経機能を正常に保たせる働きもあります。欠乏すると懈怠感や食欲不振になったりします。

ビタミンB2

脂質代謝を促し、成長を促進します。また抗酸化作用があるため老化を抑え、有害物質を取り除いてくれます。欠乏すると角膜炎や皮膚炎などの症状が出たりします。

ビタミンB3

ナイアシンと呼ばれるビタミンで、エネルギーを作る時に働く酵素の働きを補助する役割があり、皮膚や粘膜を健康に保ってくれる働きもあります。不足すると、口内炎、下痢、消化不良などになることがあります。

ビタミンB5

パントテン酸と呼ばれるビタミンで、皮膚や粘膜の健康維持、ストレスの緩和、高コレステロールの改善などに効果があります。不足すると、頭痛、皮膚炎などの症状があらわれることがあります。

ビタミンB6

アミノ酸の代謝を促進し、抗アレルギー作用もあります。髪や肌の健康を守ったり、神経の正常な働きを助けたりもします。不足すると、口内炎や皮膚炎、免疫力低下などの症状があらわれます。

ビタミンB7

ビオチンと呼ばれるビタミンで、脂肪酸やアミノ酸、タンパク質などの代謝をしながらエネルギーを作る働きをします。また、皮膚や爪、髪を健康に保つ働きがあります。不足すると、皮膚炎や脱毛、白髪になりやすくなります。

ビタミンB9

葉酸と呼ばれるビタミンで、赤血球の合成やたんぱく質、細胞の生成に必要なDNAなどの核酸の合成に重要な役割があり、細胞の機能、分裂には欠かせないために、人にとってはもちろん胎児にとって非常に大切なビタミンです。不足すると、貧血、神経障害や消化器の障害、特に細胞分裂が盛んな箇所に症状が出やすいと言われています。

ビタミンB12

「脳のビタミン」「神経のビタミン」と呼ばれ、脳神経の働きに深く関わっています。その他、免疫を正常にしたり、血流をよくしたりする働きもあります。不足すると拾う、便秘、食欲低下、手足のしびれなどを引き起こすことがあります。

ビタミンC

免疫力を高めたり、コラーゲンの生成をサポートします。シミなどの原因になるメラニン色素の生成を抑え、抗酸化作用もあります。不足すると、肌荒れや小じわができたり、アザができやすくなったり、歯茎から出血したりすることがあります。