ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > びんかんはだ【敏感肌】

びんかんはだ

【敏感肌】

敏感肌とは、外部からの刺激で肌トラブルを起こしやすい肌をいいます。

特徴

敏感肌は角質の水分保持能力が低下しています

敏感肌はセラミドが不足した状態の肌で、バリア機能が低下していてウイルスやアレルゲンが進入しやすく、ちょっとした刺激にも敏感に反応するようになっています。 普通の人よりも免疫機能が過剰に反応してしまうため、痒みやかぶれなどの炎症も現れやすい傾向があります。

症状

悪循環に陥りやすいので注意して下さい

  • ヒリヒリとしみるような感じ
  • カサカサと乾燥する
  • ニキビができやすい
  • 痒くなる
  • 赤くなりやすい
  • 外部からの刺激に弱い

原因

意外と身近に・・・

大きく分けて2つの要因が考えられます。

外的要因

  • 紫外線
  • 髪・手・布などが触れる
  • 刺激の強い化粧品や肌に合わない化粧品の使用
  • 刺激の強い洗顔料などの使用
  • 過度の洗顔(スクラブの使用のしすぎもNG)
  • コットンなどでのこすりすぎ
  • 温度や湿度の変化

内的要因

  • ホルモンバランスの異常
  • アレルギー体質などの遺伝
  • 加齢
  • 内蔵機能の衰え、異常
  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 運動不足
  • 便秘
  • 睡眠不足
  • 喫煙

予防と対策

日頃から心がけていきましょう

まずは睡眠

眠っている時間は肌にとっても大事な時間です。特に夜の10時~2時の間は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、肌を活性化させてくれます。肌が気になりだしたら早めに寝る事を心がけましょう。

そして食事

香辛料の効いた辛い食べ物は、発汗作用があるため肌を潤す保湿効果も期待できます。新陳代謝も活発になるため肌のターンオーバーにも一役買ってくれます。バランスの良い食事をとりながら保湿成分のある食事をとることで、肌にも栄養がしっかり行き渡り美肌へとつながります。

その他にも生活習慣をちょっと見直すだけで、乾燥肌の原因は取り除くことができます。