ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > びはくせいぶん【美白成分】

びはくせいぶん

【美白成分】

メラニン色素の育成を抑え、メラニン色素が肌の上に沈着する「シミ」を防ぐ成分のこと。肌を白く漂白するような効果はない。

厚生労働省認可の美白成分

各成分リンク先の詳細もチェックしてみてね

アルブチン

高山植物のコケモモなどに含まれる成分。

エラグ酸

ゲンノショウコ、ユーカリ、ナッツ類、イチゴなどのベリー類、ザクロなどに含まれているポリフェノールの一種。

カモミラET

カミツレの葉から抽出される成分。

t-AMCHA

大豆や卵黄から抽出された成分。

トラネキサム酸

抗炎症作用、抗止血作用などがあり、止血剤として使用されていた成分。優れた美白効果があることがわかり、シミなどの治療用として皮膚科で処方されたり、美白化粧品に配合されるようになった。

ビタミンC誘導体

ビタミンCを吸収しやすいよう加工したもの。

プラセンタエキス

豚などの胎盤から抽出された胎盤エキス。

リノール酸

ベニバナ油から抽出される成分。

ルシノール

北欧のモミの木の成分をヒントにして生まれた「ポーラ」の独占美白成分。