ホーム > エステ用語索引 > あ行のエステ用語一覧 > うぉっしんぐ【ウォッシング】

うぉっしんぐ

【ウォッシング】

ウォッシングとは洗顔のことで、顔についた汚れや、古い角質、雑菌などのさまざまな汚れを洗い落とすために必要なお手入れです。

ウォッシングとは?

スキンケアの基本中の基本!

ライトウェーブの美肌エステでもクレンジングの次に行うのがウォッシングです。クレンジングでは落としきれなかった、メイク以外の汗や皮脂などの汚れを落とすのがウォッシングの目的です。洗顔料に使われている洗浄成分は、汚れを落とすだけでなく、肌に影響を与えることもありますので、きちんと選ぶことが大切です。

正しいウォッシング方法

ぬるま湯が基本

間違った洗顔方法で、必要な皮脂まで奪ってしまうこともあります。そうなると皮膚がたるんでしまったり、老化を早めてしまったりすることもあるので注意してください。

  1. まずはしっかり手を洗いましょう。洗顔はキレイな手で行うようにしましょう。
  2. 一度ぬるま湯でゆすぎ、毛穴を開きましょう。お湯は熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまうので気をつけてください。30~35度くらいが適温です。
  3. 洗顔料をしっかりと泡立てましょう。市販されているネットなどを使って、キメの細かいしっかりとした泡を作ってください。
  4. 優しく顔を洗いましょう。手の腹でなでるように、泡を滑らせて優しくていねいに洗いましょう。
  5. ぬるま湯ですすぎましょう。洗顔料が残らないように、しっかりていねいに洗い流してください。
  6. タオルで拭く時は擦らず、そっと抑えるようにして水分をとりましょう。