ホーム > エステ用語索引 > あ行のエステ用語一覧 > あくだまきん【悪玉菌】

あくだまきん

【悪玉菌】

悪玉菌とは、大腸菌やウェルシュ菌、ブドウ球菌など、体に悪い影響を及ぼすと考えられている腸内細菌のことをいいます。

働き

悪玉菌の腸内での働きについて

大腸菌の中には、ビタミンを作るものもあるので全てが悪者とはいえませんが、数が増えれば体に害を及ぼします。悪玉菌が増えると以下のような影響が出ます。

  • 下痢や便秘になりやすく、しばしば慢性化する
  • 腸内の腐敗が進む
  • 悪玉菌が作る、アンモニア、インドールなどの有害物質がたくさん作られる
  • 肝臓をはじめとする内臓に負担がかかるので血が汚れてドロドロに・・・
  • ニトロソアミンや胆汁酸代謝物のような、発癌物質がたくさん作られる
  • 免疫力が低下して、感染症を引き起こしやすくなる

悪玉菌が増える原因

生活習慣が大きく関わっています

最近、年齢は若くても生活習慣の乱れから腸内は老化しているという人が増えています。悪玉菌が増える原因を下記に挙げてみました。

食事

食事時間のリズムの乱れ、栄養バランスの乱れ、肉が多い食生活、食物繊維の不足など

ストレス

ストレスが自律神経に影響を及ぼすと、胃酸の分泌が抑えられてしまいます

運動不足

排便時に必要とされる腹筋などの筋力低下により便秘がちになると、ぜん動運動が弱くなってしまいます

加齢

加齢によってあらゆる生理機能が低下し、胃酸や腸内分泌液の分泌量が少なくなったり、ぜん動運動が弱まったりします

関連キーワード