ホーム > エステ用語索引 > あ行のエステ用語一覧 > あからがお【赤ら顔】

あからがお

【赤ら顔】

のぼせの状態で顔が赤くなること。自律神経の交感神経が高ぶり、顔面に血液と熱が集まってきて、赤くなる。ニキビやアトピー性皮膚炎の炎症や脂漏性皮膚炎(毛穴の周りの炎症)による赤ら顔もある。

赤ら顔改善のつぼ

足の親指と人差し指の間をぐぐーっと!

赤ら顔の改善になる足のつぼをご紹介します。このつぼは熱のコントロール、及び体の熱を鎮める働きがあります。顔が赤い時に指圧すると、交感神経の興奮がおさまり、速やかに赤ら顔が治ります。このつぼ指圧を習慣にすると改善効果が期待できるので、是非やってみてください♪

場所

足の親指と人差し指の間の水かきの、甲側にあります。

指圧方法

左右のどちらかが腫れたりしています。痛い方のみ指圧を施します。

  1. 1、2と数える瞬間(0.5~1秒)に さっと浅く圧力をかける
  2. 一定の強さに達したら、5つ数える間(1~3秒)圧をかけ続ける
  3. 1、2と数える瞬間に、さっと指を離し圧力を抜きます

これを繰り返し3~5分間、1日2回朝晩にしてください。

関連キーワード