ホーム > エステ用語索引 > あ行のエステ用語一覧 > えーじーいー【AGEs】

えーじーいー

【AGEs】

AGEs(advanced glycation endproducts)は訳すと最終糖化産物といい、さまざまな成分からできているので、これらの総称としてAGEsと複数形の呼称となっています。AGEsは体内の様々な物質に糖が付着し、体に悪影響を起こす物質で、老化現象を引き起こす原因物質の1つと考えられています。

AGEsとは

どうして生まれるの?

摂り過ぎて余ってしまった糖が体内のタンパク質にくっついて糖化が進み、繰り返されると、最終的にはAGEsという厄介な物質が生まれてしまいます。このAGEsは、茶褐色で固いのが特徴で、食後の高血糖が長く続くほど、増加しやすくなります。

AGEsと老化

AGEsが増えると・・・

AGEsが増えると、肌は硬くなってハリを失い、くすんで見える他、しわやたるみが出てきます。また、AGEsが蓄積することで、血管、目や筋肉、骨など、体内のさまざまな器官がもろくなり、変性・劣化していき、本来の役割を果たせなくなるため、さまざまな病気を引き起こします。

AGEs対策

AGEsを抑えてアンチエイジング

AGEsを生み出さないためには、糖化対策が必要です。血糖値を急に上げない食生活として食物繊維の多い食品を先に食べて腸への吸収を穏やかにしたりする他、なるべく低GI食品を中心にバランスよく食べる工夫をしたり、抗糖化作用のあるローマカミレツやドクダミ、甜茶などを食事にとりいれてみたり、睡眠や運動にも気をつけるようにしましょう。また、食品のAGEsを少なくする調理法として、水をたっぷりと使って、「煮る・蒸す・茹でる」とAGEsが半減するそうです。またビタミンB1は糖質を分解する酵素を助け、エネルギーに変えてくれる栄養素ですが、糖化を防ぐ効果があると言われています。過剰に摂取しても体外に排出されてしまうので、副作用などの心配はありません。

関連キーワード